中年プログラマーの副業ずかん

中年おやじのお小遣いアップ作戦

40代でガン発見!治療に必要な金額や期間?利用できる公的制度!

一昔前なら、治ることはなく、
患者に告知しなかった「ガン」ですが、

最近は、治る病気へと変化しているようです。

治療技術の進歩や新しい薬の開発などによって、
ガンになっても、昔よりも悲観的にならず、
前向きに治療に取り組む人が増えています。

いろいろなガンがありますが、
40代の人がガン治療を行った時の
治療費と入院期間を調べてみました。

大腸ガンの10年生存率

ステージ1で発見 90%

入院期間は約2週間

治療費は30万円ぐらいから

ステージ3で発見 60%

手術と入院で約2週間

抗がん剤治療に約半年

治療費は70万円ぐらいから

胃ガンの10年生存率

ステージ1で発見 90%

入院期間は約2週間

治療費は30万円前後

ステージ3で発見 40%

入院期間は約2週間

抗がん剤治療に約半年

治療費は100万円前後

膀胱ガンの10年生存率

ステージ1で発見 80%

入院期間は5日から8日間ぐらい

治療費は7万円ぐらいから

ステージ3で発見 30%

入院期間は約2週間

抗がん剤治療に約半年

治療費は120万円ぐらいから

肺ガンの10年生存率

ステージ1で発見 60%

入院期間は2週間から3週間

治療費は30万円前後

ステージ3で発見 10%

手術は難しく、
抗がん剤による延命治療を行うことが多く、
仕事への復帰も難しいと言われています。


スポンサードリンク

治療費は200万円ぐらいから

前立腺ガンの10年生存率

ステージ1で発見 90%

入院期間は2週間から3週間

治療費は40万円前後

ステージ3で発見 90%

入院期間は2週間から3週間

外科手術に、ホルモン療法や
放射線療法を併用することが多いため、
フルタイムでの勤務は難しい。

治療費は200万円ぐらいから

利用できる公的制度

たとえガンになったとしても、
治るのなら治したいと思いますよね。

がん保険に加入したり、
貯金しておけばいいですが、
経済的な事情は人それぞれなので、

何とも言えませんが、
ガン治療のために利用できそうな
公的制度を調べてみましたので、

参考にしてください。

高額な医療費が負担の場合

高額療養費制度があります。

一定の自己負担額を超えた部分について
健康保険から払い戻してもらえます。

事前申請が必要ですが、
窓口での支払いを
自己負担限度額にする

「限度額適用認定証」

という制度もあるので、
加入している健康保険に
問い合わせてみるといいでしょう。

治療中の収入を保障

疾病手当金があります。

病気やケガで療養中の
生活保障をする制度です。

病気やケガの療養で仕事を休み、
給料がもらえない場合に利用できます。

他にも障害年金や生活保護なども
利用できる場合があります。


スポンサードリンク

-日常の悩み