中年プログラマーの副業ずかん

中年おやじのお小遣いアップ作戦

お小遣いを1万円浮かすテクニック!会社帰りの習慣を見直すだけ!

毎月20日が給料日なので、
お小遣いは20日に支給されます。

あなたのお小遣いは、
いくらですか?

サラリーマンのお小遣いの平均は、
調査している機関によって違うようですが、

直近、2014年のデータで、
4万円を少し割り込むぐらいの金額のようです。

意外と多いですね。

もちろん、収入によっても異なると思いますが、
私も、月に4万円がお小遣いとなっています。

しかし、この4万円には、
通勤で自動車を使っているので、
そのガソリン代や、

お昼ご飯代が含まれています。

そして、なぜか、石鹸やシャンプー、
ハミガキなどの生活雑貨も
私が購入しているんですよね。

何か変なんですが、
昔からの習慣というか、

私が好きなものを買ってくると、
他の家族が使っているという状態です。

なので、実質、私がお小遣いとして使えるのは、
2万円から3万円の間ということになります。

毎月、ギリギリなんですが、

今月は20日まで、
あと数日となったにも関わらず、

財布の中には1万円以上が残っています。

すごくないですか?

毎月、この時期には、
財布に数百円しか残っていないのに、

今月は、あることを止めただけで、
1万円以上残すことができました。

確実にお金が残る方法とは?

私が止めたのは、

会社帰りの寄り道」です。

会社帰りにコンビニに寄るのが
習慣になっていたんです。

毎日、コンビニに寄って、
マンガを立ち読みするのが習慣になっていて、

手ぶらで店を出るのが恥ずかしくて、
コーヒーとかお菓子を買うのが
クセになってしまっていました。

さらに、朝もコンビニに寄って、
コーヒーを買うのが習慣になっていました。

そして、お昼も、ご飯を食べた後に
コンビニに行って、コーヒーを買っていました。

毎日、3回はコンビニに行っていたのです。

これを、今月は、可能な限り止めました。

中でも、会社帰りは、全く行かなくなりました。

朝とお昼のコーヒーは、
インスタントを家や会社で飲むようにしました。

この結果、給料日前にも関わらず、
財布に1万円以上のお金が残る
結果になったのです。

しかし、よく考えたら、
私、タバコも吸わないし、
お酒も飲まないので、

お金の使い道がないはずなんですよね。

昔は、本をよく買っていたのですが、
今はコンビニでコーヒーやお菓子を買うぐらいしか、
お金を使っていません。

つまり、コンビニに行かなければ、
お金が残るのは当然なんですね。

生活習慣の見直しでお金は残る

お金を使うのは、ほとんどの場合、習慣です。

見栄もありますけど。

私、お酒は昔から飲めませんでしたが、
タバコは吸っていました。

これも習慣です。

しかし、10年ほど前から休憩しています。

止めてはいないんです。

禁煙している訳でもなく、
吸うのを休憩しています。

そのうち、再開するかも知れません。

習慣で吸っているような気がしたので、
吸わないとどうなるか試してみたかったんです。

心理学を勉強していたので、
もしかして応用できないかな?と
思って試してみたら、

吸わなくても大丈夫な期間が長く続いています。

習慣を見直すことで、
お金を残すことができるんですね。

タバコの値段が相当上がっているので、
今も吸っていたら、お小遣いなんて残りませんね。

今月、お金が残っているのは、
もう1つ理由があります。

いつもなら、給料日前にお金が残っていると、
家族で食事に出かけてしまうのですが、
今月は、それもガマンしています。

お金を使う習慣を身に付けるのは簡単ですが、
使わなくなるのは難しいです。

特に財布にお金が残っていると、
使ってしまうクセは、
いつまでたっても治りません。

家族で食事に行くのは楽しいのですが、
外食は確実にお金がなくなります。

家族4人で外食すれば、
ラーメン屋で安く済ませても、
5千円は必要です。

回転すしとかに行くと、
食べ盛りの子どもたちは、

お皿の枚数を競い合うので、
1万円近くになることもあります。

時々ならいいのですが、
せっかく副業で稼いでも、

稼いだ分を全て使っていては、
淋しくなります。

お金を稼げるようになるのと同時に、
お金を貯めることができるようになりたいと思っています。

いつの間にかお金が無くなってしまったというのが
一番イヤなので、使ってしまう習慣を見直して、
必要な事にお金を使えるようにしたいと思っています。

-日常