中年プログラマーの副業ずかん

中年おやじのお小遣いアップ作戦

アドセンスの注意点!広告が表示されない!トレンド系ブログで気をつけること!

アドセンス広告をブログに貼って
報酬を得ようと思った時に
注意しなければいけないことが
たくさんあります。

やってはいけない事としては、
「自分でクリック」してはいけません。

きちんとクリックがカウントされるか
試してみたくなって、クリックしてしまう
衝動にかられることがありますが、

やってはいけません。

他には、えっちな画像はダメだし、
著作権を侵害するような画像もダメです。

本当にたくさんの注意点があるのですが、
ここでは、事件をネタを扱う
トレンド系ブログの記事を書く上で
気をつけなければいけないことを
お伝えしようと思います。

記事を投稿した直後から広告が表示されない

事件ネタを見つけてブログの記事を書いて
投稿した直後、確認のためブログを表示させてみた時に
「広告が表示されない」という
経験をしたことがありませんか?

私は何度もあり、かなり焦った記憶があります。

これは、アドセンスで禁止ワードが設定されていて、
機械的にそのワードが使用されてないか
チェックしているためと考えられます。

簡単に言えば、グーグルからのジャブですね。

こんなワードを使っていませんか?

禁止ワードとして言われているのは、
「性的なワード」と「暴力的なワード」です。

事件ネタを扱うトレンド系ブログなら、
「殺人」とか「自殺」なんてワードを
使ってしまう事があると思いますが、
これらは、禁止ワードです。

凶悪な殺人事件を克明に説明する記事を書くと
アドセンスの広告が表示されない事態に陥ります。

機械的にチェックされているだけなので、
他のページでは広告が表示されているはずです。

表示されていないページを読み込んで、
使ってはいけないようなワードを削除したり、
違う言葉を使って置き換えたりしましょう。

サイト全ての広告が表示されない場合

機械的にチェックされる禁止ワードとは違い、
サイト全体の広告が表示されなくなる時があります。

この場合、アドセンスの管理画面に
警告が表示されているはずです。

理由と対策についてそこに記載されていると思います。

対象となっているページを削除したり、
修正して広告表示が回復されるようにしましょう。

私が経験したのは、
交通事故を報じる記事を書いた時に
サイト単位で広告配信が停止されました。

1ページだけでなく、何ページも交通事故を報じる
記事を書いたので、指摘されていたページだけでなく、
該当しそうなページを削除して、
広告の配信再開を依頼しました。

その時は初犯ということもあり、
削除されたのが確認された時点で、
広告が再開されました。

最悪はアカウント停止

サイト単位の違反を繰り返したり、
あまりにも悪どいことをすると
アドセンスのアカウントが停止される事態になります。

禁止ワードぐらいの違反なら、
そこまでいくことはないと思いますが、
注意が必要です。

アドセンスの広告が掲載できなくなると、
トレンドブログのマネタライズはかなり難しくなります。

アドセンス広告が表示されているニュースサイトなどでは、
禁止ワードで記事が書かれていたりしますが、
こちらは、一般庶民の我々とは、扱いが違います。

そういったサイトのマネをしたところで、
自分のサイトの収益が増える訳ではないので、
きちんとアドセンスの規約を理解して、
ペナルティーを受けないように注意しましょう。

-副業