中年プログラマーの副業ずかん

中年おやじのお小遣いアップ作戦

ロボホンでプログラミング教育!恋ダンスを躍らせることができる?

ロボホンといえば、新垣結衣さんが
出演していたドラマ

「逃げるは恥だが役に立つ」で
ダンスを踊っていましたね。

あのロボホンをプログラミングできる
そうです。


スポンサードリンク

SCRATCHでプログラム開発

Scratchを使ってロボホンの
プログラミングができる
スクラッチパックが提供されているそうです。
⇒ https://robohon.com/co/scratch.php

Scratchというのは、初心者向けの
プログラミング言語です。

ビジュアル化された開発環境で
ブロックを組み合わせていくと
プログラムができていくので

小学生のプログラミング教育に
活用されています。

ロボホンと組み合わせて使えば
Scratchでロボホンの動きを制御でき

プログラムした通りに動くので
飽きずに学習する事ができそうですね。

子供って、目に見えた形で
成果がわかると集中できますね。

ロボホンだったら、元は出来ているので
プログラミングの結果もすぐにわかって
面白いでしょうね。


スポンサードリンク

小学校のプログラミング教育が必修化

先日、夏休みの先生向けにダンス教室が
開かれた様子がテレビのニュース番組で
紹介されていました。

体育の授業でダンスが必修化されたそう
ですが、ダンスを教える事ができる

先生が不足しているようで先生向けの
ダンス教室が開催されたそうです。

授業で教える事が決まっても、
それを教える事ができる先生が
不足していては意味がありません。

プログラミング教育も大丈夫でしょうか?

私の今までの経験からプログラミングを
感覚的に理解できない人は一定数います。

IT企業に採用された大卒の新人でさえも
毎年、基礎教育期間のプログラミング
実習で泣きが入り、同期に丸写しさせて
もらって修了する社員が何人かいました。

概念的に理解できる人は良いと思いますが
そうでなければ、理解できるまでに
時間がかかります。

どんな教材を使うのかわかりませんが、
もしかしたら先生が児童に教えてもらう
事になりかねませんね。

子供の方が柔軟な発想ができ、理解の
早い子がクラスに何人か出てくるはずです。

もしくは、子供向けのプログラミング
教室などで勉強していて、先生よりも
詳しい上級者がいるかも知れません。

小学校の教室で何が起こるのか、
その時になってみないとわかりませんが

小さな頃からプログラミングを学んだ
ネイティブな子供たちが成長した時、
日本のIT社会はどうなるのか楽しみですね。


スポンサードリンク

-プログラム