中年プログラマーの副業ずかん

中年おやじのお小遣いアップ作戦

ITエンジニアになるにはどうすればいい?大学や専門学校で何を学ぶ?

うちの子供が
「グーグルに入社したいんだけど
 どこの大学に行けばいい?」
と聞いてきました。

グーグルやマイクロソフトの
入社試験がユニークだということは
本を読んだことがあるのですが、

グーグルに入社するのに適した
学部・学科など考えた事が
ありませんでした。

グーグルと言っても大きな企業なので
ITだけの仕事ではなく、経理や人事、
総務などのバックオフィスの仕事もあれば

セールスやマーケティングなどの仕事も
あると思います。

子供の話を聞いていると、
「ITエンジニア」というキーワードが
出てきたので、

「ITエンジニア」になるには
どうすれば良いのか調べてみたいと
思います。


ITエンジニアって何?

私のイメージするITエンジニアとは
システムエンジニアやプログラマーで
webシステムやスマホのアプリ開発
をしている人たちの感じがします。

オフコンのシステム設計やプログラムを
組んでいる人たちもITエンジニアだと
思いますが、昔からある職種なので
あまり、そう呼ぶことは無いと思います。

いわゆるIT系だったり、IT社長と
呼ばれるような人は、webサービスを
提供している感じがしていて、

私が知っている情報処理技術者とは
少し違っています。

私が就職してコンピューターの仕事を
始めた頃は、事務処理をオフコンで
行う仕事が多くて、文系プログラマーも
たくさんいました。

プログラム言語はコボルで、
画面から入力したデータを集計して
帳票に出力するのが主な仕事です。

通信と言っても、ホストと端末を
繋いでいるぐらいです。

沢山の店舗のある小売店とかだと、
各店舗の売上情報を電話回線で送信して
本部のホストで集計したりする事も
ありましたが、

リアルタイムにデータのやりとりが
ある訳ではなく、1日に1回とか
ある程度データを溜めて、

決められた時間に処理するというのが
一般的でした。

今のITと呼ばれるシステムは、
ネットワークに接続されているのが
前提ですね。

webで商品の受注を受けたり、
ネットワーク繋がっている仲間と
コミュニケーションをとったりしています。


ITエンジニアの種類

ITエンジニアの種類を大きく分けて
みると、以下のような感じでしょうか。

システムエンジニア
プログラマー
ネットワークエンジニア
データベースエンジニア
エンベッドシステムエンジニア

あまり細かくしすぎると分かりにくいと
思ったのですが、情報技術が高度化して
いて、大雑把に把握すると守備範囲が
ひろくなりすぎるようです。

これらの上位職種に、
プロジェクトマネージャーや
ITストラテジスト、
システムアーキテクト、
という職種もあるようです。

システムの規模にもよりますね。

あと、運用系の職種もありますし、
情報セキュリティの専門家も
存在するので、何種類ありますと、
定義するのは難しいようです。

開発言語も、私が若い頃は、
オフコンだとコボル、
汎用機だとC言語、と
ある程度決まっていたのですが、

最近は、javaだったり、phpだったり
rubyだったりと、環境によって
最適なものを組み合わせて開発する事が
あるようです。

特定の言語を必死に覚えるというよりは
それぞれの言語の特徴を深く理解して
適切に使い分けできるようなスキルが
求められているのかも知れません。

AIがもっと進化してくれれば、
対話型でプログラミングしてくれると
思っているので、開発言語に固執する
ことは無いのではないでしょうか?

変化の激しいIT業界なので、大学で
学んでいる時も、自ら情報収集できる
人材が求められると思います。

学生向けのプログラミング大会とか
IT企業主催のセミナーや
インターンシップなどに参加して

技術を磨いていくと、
希望する会社に就職しやすいと思います。

ちなみにうちの子供は、工学系の大学に
進学する事を決めたようで、

グーグルに入社できるかは、
まだ先の話になりそうです。


スポンサードリンク

-ITエンジニア