中年プログラマーの副業ずかん

中年おやじのお小遣いアップ作戦

サイバー守護神を育成!セキュリティキャンプ全国大会2016!

2018/06/01

2016年8月9日から13日までの
4泊5日で

セキュリティ・キャンプ全国大会2016が
開催されました。

セキュリティ・キャンプは、
情報セキュリティの脅威が高まる現代において、
ITに対する意識の高い若者に対し、

情報セキュリティおよびプログラミングに関する
高度な教育を実施することで、

技術面のみならずモラル面、
セキュリティ意識、職業意識、
自立的な学習意識等の向上を図り、

日本における将来の高度IT人材となり得る
優れた人材の発掘と育成を目的としています。

生まれた時からパソコンが家庭にあり、
子どもの頃からニンテンドーDSや

WiiUなどのコンピュータゲームに親しみ、
スマホが当然の時代に育った子どもたちですが、

セキュリティという面で考えると
ITが高度に進化しすぎて、
とっつきにくい分野なのかも知れません。

640Kのフロッピーディスクに
OSもアプリも記録できた時代なら、
対策が必要なセキュリティも知れていますが、

スマホでもギガ単位のメモリ容量があり、
ネットワークに接続されているのが基本の
セキュリティとなると、かなり複雑です。

個人情報流出も
ネットバンキングの不正送金も

インターネットに接続されているために
発生した事件ですが、

それらセキュリティ対策の専門家が
圧倒的に不足しています。

スマホが普及してインターネットの
利用者は爆発的に増えているのに、

安全対策できる人材が不足していては
悪事をたくらんでいる人を野放しにしてしまいます。

そのために国を挙げて人材を育成しよう
という取り組みのひとつが、
セキュリティ・キャンプです。


スポンサードリンク

セキュリティ・キャンプへの応募

セキュリティ・キャンプは、
誰でも参加できる訳ではありません。

参加費用は、交通費も含め
全て無料ですが、

応募の際に、課題に回答して
高得点を得る必要があります。

また、年齢制限と職業制限があります。

日本国内に居住する、
22歳以下の学生か生徒であること。

課題は、応募者の実力を見るためのものでしょうね。

講義についてこれるレベルの力があるか
見ているのだと思います。

講義内容は、学生向けとは思えない
専門的なものです。

セキュリティ・キャンプの開催を聞いた時は、
私も参加したいと思ったのですが、

講義内容を見てみたら、
これは無理ですね。

ついていけません。

「Raspberry Pi 入門編」は、
聞いてみたいですが、
これぐらいなら書籍を買えば勉強できそうですね。

講師も最先端の講師陣が集まっているようです。

学生でもセキュリティに興味のある人なら、
名前を知っている人ばかりのようです。

参加者も、小学生の時からプログラミングをしていて、
実際に、自分でOSのコードを
書いたりしたことがある人とかのようです。

情報機器が簡単に手に入り、
子どもからお年寄りまで使う世の中ですが、

セキュリティを理解できている人は、
ほんの一部だと思います。

コンピュータウイルスやハッカーから
情報を守るために、
一般の利用者は何もできないのが現実だと思います。

セキュリティの専門家が増えれば、
身近に相談できるようになると思うので、

利用者の増加にあわせて
専門家の育成も必要になるでしょう。


スポンサードリンク

-パソコンの悩み