中年プログラマーの副業ずかん

中年おやじのお小遣いアップ作戦

お酒が飲めないと仕事に影響するのか?若い時はチャレンジすべき?


私はお酒が全く飲めません。

体質の問題だと思うのですが、
お酒を飲むと気分が悪くなります。

アルコールは体内に吸収されると
アセトアルデヒドに分解されてから
酢酸に分解されて、

炭酸ガスと水に分解されます。

お酒に弱いというのは、
この分解が体の中で上手く行えない
人という訳ではなさそうです。

酔った状態が気持ち良いと感じる人と
気持ち悪いと感じる人がいるようです。

飲みすぎたり、2日酔いになると
気持ち悪いと思う人が多いと思うのですが

私のように飲んですぐに気持ち悪くなる
人は、お酒に弱いのだろうと思います。


スポンサードリンク

お酒の練習

私が学生の頃は、まだ「イッキ」と
煽ってお酒を飲ます事がよくありました。

合コンに行くと、罰ゲームでお酒を
飲ませ、女の子を酔いつぶしてしまおう
とする輩がたくさんいました。

そんな事しても、私は負けてしまうので
参加しなかったのですが、
社会人になると困った事がおきます。

学生時代は飲まなくても逃げ切れた
飲み会ですが、社会人になると
上司に注がれると飲まない訳には
いきません。

「飲めない」を理由にお酒を断る事が
できない時代でした。

コップ半分ぐらいのビールで
酔いつぶれていると
「お酒の練習をしろ」と
言われたものです。

その上司が言うには、毎日飲んでいると
そのうち飲めるようになるそうです。

体質的にアルコールを受け付けないのに
毎日飲み続けて飲めるようになる訳が
ないのですが、

新入社員の時は、そんなものかと思って
お酒の練習もしましたが、
やっぱり飲めるようにはなりませんでした。


スポンサードリンク

飲みニケーション

お酒を飲んで本音を語り合う
「飲みニケーション」というのが
ありました。

そもそも仕事の話を酒を飲みながらしても
何の解決にもならないし、

酒の席でしか本音を話せないような
関係の人と仕事をしても上手くいく事は
無いのですが、

お酒が好きな人は、何かと飲む機会を
作りたいようです。

お酒を飲んでも飲まなくても、
個人的に仲良くなれば、
仕事で無理を言いやすくなるのは
間違いないですが、

職場で仲が悪いのに、飲み会の席で
仲良くなる訳がありません。

ただし、会社の偉い人とか
取引先のキーマンが、お酒好きの場合は
少しでも飲めるようになりましょう。

お酒好きの人とは、飲み会の席で
仲良くなれます。

一緒に飲むだけで、信用してくれます。

ある意味、簡単です。

あなたが小さな会社に勤めている場合、
会社の社長が酒好きだったら、
お酒が飲めるようにがんばりましょう。

あなたが大きな会社に勤めている場合、
上司が酒好きでも、
さらにその上の上司が飲めなければ
問題ないでしょう。

大きな会社の場合、数年経てば
上司は変わるので
あまり、上司の事は考えなくて
良いかも知れませんが、

自分がついていきたいと思う人が
お酒好きだったら、飲めるようになると
良いでしょう。

飲めても飲めなくても、飲み会の席で
話が盛り上がるようになれば
良いと思います。

私は、飲み会そのものが苦手で
人と話をして盛り上がる事が無いので
お酒が飲めるかと飲めないという
問題では無いと思っています。


スポンサードリンク

-仕事の悩み