中年プログラマーの副業ずかん

中年おやじのお小遣いアップ作戦

内職生活のススメ!普通の生活で月収50万円も必要?収入を増やす方法は?

こんなこと誰にでも
出来ることではないし

誰にでもオススメする方法では
ありませんが、

できる環境で、やろうと思う人には
オススメです。

内職と言っても、家で造花を作ったり、
袋にシールを貼って、収入の足しにする
奴ではありません。

まあ、似たようなものだけど・・・。


スポンサードリンク

学校で、授業中に他の科目を
勉強するのも内職って
呼んでいましたね。

ここでいう「内職」は
会社で仕事中に他の事をするのを
「内職」って呼んでいます。

昇進試験や資格試験の勉強をしたり

バレなければアフィリエイトで
お小遣いを稼いだりしましょう
というお話です。

SEって暇

コンピュータ関係の仕事を始めて
20年以上経過します。

新卒で就職した会社で不本意ながら
システム部門に配属されました。

それまで勉強していたのは、
簿記会計についてで、
税理士を目指して勉強していました。

よろしくなかったのは、
学生時代にプログラマーのアルバイトを
していた事です。

時給が良かったので選んだ仕事ですが
新卒の採用面接の時に嫌な予感が
したんですよね。

「将来は税理士を目指しています」と
ハッキリ言ったものの、バブルの時は
どこも人手不足です。

会計部門よりもシステム開発の方が
お金になったのか、

そちらの人手が足りなかったのか
入社早々、システム部門に配属です。

当時は、システム部門と言っても
派遣会社のようなもので、

大手のSIベンダーさんが案件を受けて
中小のシステム会社に人を派遣させて
開発することがほとんどでした。

私も、新入社員ながら、
結構大きなプロジェクトに
派遣されました。

しかし大きなプロジェクトというのは
人も多いので、仕事は明確では
ありません。

頭数だけ揃えば、SIベンダーさんも
いいのであまり厳しくないのです。

だから新入社員で仕事もできない
私でさえ、派遣されるんですね。

この辺りは、下請構造の仕事は
どこも同じで、

建築現場などでも仕事はしていないけど
頭数を揃えるためにブラブラしている
おじさんがいるようです。

私の役目は、「そこに居る」こと
だったので、特にやる事がありません。

最初のうちは、真面目に、
仕様書を読んだり、

プログラミングの勉強を
していたのですが、

1週間もすると、本格的に
やる事がないのに気付きます。

上司は、新聞を広げ、自販機の
コーヒーをすすり、
時々、タバコを吸いに出かけます。

コンピュータールームは昔から
禁煙ですので、
喫煙所が各フロアにあったりします。

私も暇なので、そのうち、
マンガを持ち込んだりしましたが

さすがに、それは上司に
止められました。

「暇なのはわかるけど、
 クライアントの手前、それはダメ」

ということでした。

それなら、ということで、
情報処理試験の教科書を
持っていったのですが

それはOKでした。

そこから私の内職生活が始まります。

私が就職したコンサルティング会社では
資格を取得すると手当が付きました。

情報処理試験も、その対象に
なっていたので、試験勉強を
派遣先で行っていました。

内容的にはシステム関連の本ですし、
仕様書やマニュアルと同じ扱いで

業務時間中の読んでいても問題なしと
上司に判断されました。


スポンサードリンク

最終的には、システムアナリストや
中小企業診断士の試験まで合格したので

どれだけ勉強時間があったのか
わかると思います。

全く仕事をしていなかった訳ではなく
閑散期が多かったというのが
正しい表現だと思いますが

システムエンジニアって、
そんな仕事でした。

暇つぶしの毎日

そんな仕事のやり方が身について
しまってからは、転職しても同じです。

今は、開発の仕事はほとんどなく
社内システムの運用やデータ活用が
仕事なのですが、

1日のうち、忙しいのは、
2時間ぐらいです。

あと、締め処理の関係で、
月に2日ぐらいは忙しいのですが、
それ以外は、

ウェブサーフィンの毎日です。

基本、パソコンに触れていれば
仕事をしていると思われるので

画面を覗かれない限り、
何をしていもOKです。

といって、毎日、WEBばかり
見ていても飽きますよね。

さすがに動画を見ていると
目立ちますし、

芸能関係やえっちなWEBページは
覗かれたら一発でアウトです。

そこで始めたのが「ブログ」です。

ニュースサイトを見て、
気になった事件を取り上げ
記事にしてブログに投稿する

ということを始めました。

これなら、怪しまれることは
ありません。

最近の仕事はWEB系のシステムで
業務処理するようになっているので

ブログの編集画面も、
社内システムの業務画面も、

上司には違いが
わからないことでしょう。

パソコンの前で、キーボードを
猛烈にカチャカチャしていれば
仕事をしているように見える

はずです。

月収50万円

埼玉県内で人並みに暮らすには
月収50万円の収入が必要だそうです。

⇒ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000011-asahi-soci

月収50万円って、
私の月収の倍ですね。

しかし、子供が大学に進学したら
それぐらい必要だろうなぁ。

今はまだ、妻のパートで何とか
なっていますが、

子供が大学に入ると、
学費やら何やらで
家計が破綻します。

子供が望むなら、勉強させてあげたい
と思いますが、実際は、かなり難しい
貧困世帯ですね。

それでも、いきなり月収を2倍に
するのは非現実的ですね。

ということで、
内職で稼ごうと考えました。

これは、マジで会社に内緒です。

仕事しながらアフィリエイトで
稼いでいるのがバレると、
かなりまずいです。

まだ、アフィリエイトだけで
生活できるほど稼いでいないので、
やばいことになります。

とはいえ、見つかるのも時間の問題だと
思っています。

見つかったからといって、
クビにできるものなら、
してみたら、ってほど

仕事には自信を持っています。

それぐらいでないと、
内職なんて危ない橋を渡りません。

正直、後ろめたい気持ちはありますが
それもこれも、安月給の会社に
問題があります。

バイトに行くか、内職するかを考えたら
内職の方が楽に決まっていますよね。

あまり、人に言えることでは
ありませんが、

仕事なんて、よほど、管理の厳しい
会社で無い限り、手を抜こうと思えば
可能です。

給料が安いと嘆くばかりでなく、
何か出来ることを探すといいでしょうね。

隣で、スマホゲームをしている
上司よりは、まじめにやっている方だと
思っています。


スポンサードリンク

-副業の悩み