中年プログラマーの副業ずかん

中年おやじのお小遣いアップ作戦

死ぬまで年収300万円?増えない給料の原因は?稼げない病とは?

私が新卒の頃はバブル景気の
末期でしたが、

就職先に困ることはなく
いくつも内定をもらって、
断る理由を考えるのが大変でした。

内定をもらったといっても、
上場企業や大手企業ではなく、
中小企業ばかりでしたが、

自分が就職で苦労するなんて、
当時は考える事ができませんでした。

新卒で入社した会社は2年も
持ちませんでした。

その後、転職した会社は、半年、
その次の会社は5年、
その次は3年、その次は3年、

そして派遣社員を7年経験して、
今の会社に入社して7年経ちます。

20代の頃は、何だかんだ転職先が
見つかったものの、

今の会社に就職する時には
30社以上履歴書を送りました。

情報処理などの資格を持っていたので
比較的簡単に職を見つけることが
できると思っていたのですが、

40歳の転職は簡単では
ありませんでした。

ハローワークの再就職支援コンサルを
うけながらの就職活動でしたが

希望条件なんて言おうものなら
就職する気なしと思われてしまいます。

結局見つかった就職先は、
年収350万円、年間休日87日の
中小企業でした。

残業して年収400万円に
なるかどうかです。

それまで、派遣とはいえ、
完全週休2日の年間休日120日で
働いていたので

休みが減るのは辛かったですね。

そして、収入は、半分以下に・・・。

休日減も考慮すると、
時給換算で1/3以下です。

こんなので生活できるかなぁ、と
最初のうちは心配しましたが、
何とかなるものですね。

当時の生活と現在の生活

派遣で働いていた時は、
毎週末、外食をしていました。

年に2回、国内ですが
家族旅行は欠かしたことがありません。

毎月1回は自己啓発セミナーに
東京や大阪に通っていました。

新幹線はグリーン車です。

一番、お金を注ぎ込んでいたのが、
日経先物やFXなどです。

一般的には投資の分野になるのかも
知れませんが、

私の感覚的には「ギャンブル」ですね。

パチンコや競馬と同じです。

会社で仕事をしながら、
ギャンブルをしているようなものです。

リーマンショックの時は、
1日に100万円単位で口座残高が
増減していました。

そんなことばかりしていたので、
高収入にも関わらず、
ほとんど貯金ができませんでした。

現在は、月に1回、外食できれば
良い方ですね。

家族の誕生日などがあると
外食するようにしています。

泊まりの旅行は、
3年ほどしていません。

月のお小遣いは、2万円ですが、
5千円はガソリン代で消えます。

お酒は飲めない体質ですし
タバコは10年ほど前に止めたので、

お金を使う事と言えば、
仕事の休憩時間に飲むコーヒーと
週末に行くマンガ喫茶ぐらいなので

2万円でも充分なのですが、
時々、パソコンなどの大きなモノを

買おうと思うときは、
やりくりが大変です。

正直、手取りのほとんどを
妻に家計費として渡しているので

自分の自由になるお金が
ほとんどありません。

会社の給料が増えない限り、
自分のお小遣いも増やすことが
できません。

大手企業のように政府の要請に応じて
給料を上げるようなことはないので、
今後も昇給は期待できませんね。

収入を増やす方法

手っ取り早く収入を増やすには、
残業するのが一番なんですが、

仕事が増えていないのに、
残業時間が増えるのも変な話しで、
すぐに上司に怪しまれてしまいます。

それでは、アルバイトでもしようかと
思うのですが、年間に87日しか
休みがないような会社なので、

週に何日もバイトに出かけることは
できません。

それでも毎週日曜日にアルバイトに
行ければ、月に3万円ぐらいには
なりそうです。

私はネット副業で月に10万円近く
稼いでいます。

アルバイトと違って、
自分で時間の調整ができるし

成果によっては、
もっとたくさんの収入も望めます。

最近、停滞していますが、
ブログのアクセス数が減っても

アドセンス報酬は
大きく変わっていないので

停滞というより、
安定している感じです。

今は、それなりの時間を注ぎ込んで
アクセス数を稼いでいるので、

あとは、時間をかけずに
報酬が稼げるようになると
理想的だと思っています。

-副業